bg_sky
main
環境事業
HOME > 環境事業 > 環境事業

環境事業

目まぐるしいほどの経済的発展を遂げる我々人類。
エコノミックな活動はより活発になり、世の中は物質的には豊かになりましたが、その影で決して無視することが出来ない環境汚染の現状があります。
行き過ぎたキャピタリズム(資本主義)の結果大量に生産された商品はやがてゴミとなり、製造の過程で生まれた産業廃棄物と共に自然界を汚染しています。
もはやコンシューマ一人一人の意識だけでは現状を打破することは難しい段階に来ています。 吉田統合研究所は、既存の手法に因われないイノベーティヴな新しい形の社会ソリューションを提案いたします。

アルファとオメガ

  • アルファとオメガ

    廃棄物には、無機物ゴミと有機物ゴミがあります。アルファとオメガに無分別で投入するとどうなるでしょう?
    有機物には金、レアメタル、銅線、基盤などの有価物とカドミウム、セシウムなどの有害物があります。
    有価物は、変形なしでそのまま取り出せます。有害物は、転換して安定した無害なものになる傾向。 さて残った有機物ゴミは、上記の現象を引き起こす「燃料」として消費され、ほとんど消滅します。
    それぞれが、行くべき道へ行く、といった結果になります。

    »詳しく見る

ミニデMAX

  • ミニデMAX

    地球の汚れ、ゴミ事情を一変させ、まったく手軽に、不衛生や子供たちへの負の遺産も消滅させるミニな焼却炉、ミニな革命!「ミニデMAX」!
    超小型なのに、処理量が巨大で、燃費負担なし!のエコロジー、しかも考えられない廉価です。

    »詳しく見る

トーラスウィング

  • トーラスウィング

    湖沼やダムのアオコと臭気が一ヶ月強で無くなります。
    エネルギーコストは従来の40分の一。
    飲料水源が容易に手に入る大量の魚が獲れる様になります。
    調和した生態系は元に二度と戻りません!
    ランニングコストは、電球分ほど。
    養殖がオーコストになり、美味になります。

    »詳しく見る

実績紹介

2014年9月 トーラスウィングでベライ湖を復活

  • トーラスウィング

    スリランカに招聘され、首都のベライ湖の浄化テクノロジーを提案。
    国家水道局研究所長が承認し、海軍キャプテンと会談。
    小型トーラスウィング使用にて、1~2ヶ月でアオコと臭気が消えます。
    その後、ベライ湖は豊富な漁場と化し、その生態系は永久に変わりません。

吉田統合研究所とは

ウクライナやスリランカを中心に、世界で高い評価を受けているNGOユニバーススター(*)を発祥とし、地球環境や被災地の回復、人々の教育や建康のために、40ヶ国以上の最先端テクノロジーやスキルを統合して、各分野の理想的なモデルを提供し、子どもたちが安心して輝ける未来に貢献することを目的とした、全く新しいタイプの企業です。

※ウクライナ内務大臣、キエフ市長他から勲章を授与されている日本発祥のNGO(非政府団体)

各種スクール情報