bg_sky
main
トーラスウィング
HOME > 環境事業 > トーラスウィング

トーラスウィング

トーラスウィング

トーラスウィングについて -Taurus Wing-

確実かつ元も安価なトータルソリューション!
日本、中国、サウジアラビア、タイ、インドネシア、マレーシア etc...
ダム、養殖、過疎地も蘇える、唯一世界中で成功しているテクノロジーです!

湖沼やダムのアオコと臭気が一ヶ月強で無くなります。エネルギーコストは従来の50分の一。
飲料水源が容易に手に入り、大量の魚が獲れる様になります。調和した生態系は元に二度と戻りません!ランニングコストは、電球分ほど。養殖がローコストになり、美味になります。


現在世界の水状況は?
世界中の湖沼やダムの水が腐敗して飲み水にもならず、漁獲高もかつての10分の一に低下しています。また、2015年頃には、世界的な水危機が起こり、食糧難が深刻になって、約35億人が水難民になる可能性が、専門家から指摘されています。

沼やダムの水の腐敗原因は、何でしょうか?
湖底など底に生じているヘドロです。その発生理由は、大気中の酸素が表面付近の水のみに吸収され、湖底等にけして供給されないので、湖底等のプランクトンが死んでヘドロになるのです。その影響で魚は死に、水中は腐敗したアオコが溶け切った状態になります。酸素が湖底に行かない原因は、水の表面付近は温かくても、湖底は冷たいからです。循環しません。ヘドロ(腐ったプランクトン)がある限り、魚は死に、アオコで腐敗されたままです。

水の腐敗を改善しクリーンな湖にするためには?
1. 水車を回転させて、酸素を供給しようとする。しかし酸素は直線上にしか入らず、湖底のヘドロは消えない。
2. 水を取り出した上で、ヘドロを攫って捨てる。しかし、あっという間に再びヘドロは生じてしまう。
3.奇麗な水を大量に注入して洗い流そうとする。が、温度差があって、層ができてしまっている湖水等は、その表層近くの水しか移動せず、ヘドロに影響がない。
4.アオコの回収。原因はヘドロなので、いくら採っても元の木阿弥である。
5.生活排水の排出制限。これもヘドロには影響しないため、根本的効果は無い。


2つの解決策とは?
論理的に、以下の2つしか方法はありません。
1.水を透明にして、太陽光線を湖底等に入れて、光合成を促進する。
2.トーラスウィングを使って、大量の酸素を無理なく湖底等に注入し、ヘドロを健康なプランクトンに変える。
1の採用は実際には不可能。水を透明にすると、魚の餌であるプランクトンがいないことなので、魚は生きられず、魚がいない場所は、浄化されないため、実際には、2の方法しかありません。

★ A lot of fish and shellfish come to be caught. 
★ The harmonious ecosystem made by Taurus Wing does not disappear.
★ The cost of fish farming becomes very low and delicious brand fish can be caught
★ The biomasses, such as cow and pig dung, will change into protein


How is the water situation in the present world?
Most of the lakes, ponds and dams of the world have become rot and the water of them cannot become drinkable. and the fish catch is falling to 1/10 of several decades ago.
Moreover, a possibility is pointed out by specialists that around 2025,global water scarcity will happen, food shortage will become serious, and about 3,500 million people will become water refugees.


What is the cause of decomposition of the water of a lake or a dam?
The sludge which has arisen at the bottom, such as of a lake, is the cause.
Since oxygen in the atmosphere is absorbed only into the water near the surface and does not arrive at the bottom of the lake etc., planktons, such as the bottom of a lake, die and they become sludge.
Fishes die from the influence and underwater has been melted by rotten blue-green algae.
Oxygen does not go to the bottom, because the bottom of a lake is cold even if the surface of a lake is warm.
Since layers are made in the water, oxygen does not circulate through water.
As long as there is sludge (rotten plankton), fishes die and the lake or pond keeps decomposed with blue-green algae.

How were the conventional technologies? All have gone wrong.

1. The method which tries to rotate water wheels in order to supply oxygen
Oxygen enters only on a straight line and the sludge of the bottom of the lake does not disappear.

2. The method to review and throw away sludge after taking out water.
Sludge will arise again very soon. Because after that oxygen never comes in the bottom of the water and new sludge appears inevitablly.

3. The method to pour in large quantity of clean water and try to flush the sludge away.
There are differences in temperature of the water have made layers, only the water near the surface can move but there is no effect o the sludge of the lake.

4. Get rid of blue-green algae.
Since the cause of decomposition is the sludge, even if it may be taken away, the condition of the water becomes no better than before.

5. Discharge restrictions of drainage from the household.
Since this does not influence the sludge, either, it does not make any fundamental effect.

トーラスウィングのメリット -The features of “Taurus Wing”-

1.臭気を一ヶ月程で改善し、湖底等のヘドロも消滅させる
1. 湖底等のヘドロが消滅し、臭気が消えるまで一ヶ月前後。水は、腐敗が無くなった自然なプランクトンの色になり、鏡の様に、木々を映し出すようになります。 

2.魚がどんどん増え、数ヶ月から一年で豊富な漁場と化します
湖底等のヘドロがプランクトン(純粋なプロテイン)に変わり、魚のエサとなるため、小魚、大魚がどんどん増え、数ヶ月から一年で豊富な漁場と化します。

3.多くの釣り人が訪れる「生態系の復活」のシンボルに
魚とともに、鶏がたくさんきますが、最後には多くの釣り人がやって来るようになり「生態系の復活」のシンボルとなります。

4.完全循環された生態系が、半永久的に続きます。
最良のポイントは、この完全循環された生態系が、半永久的に続くことです。元には戻らないのです。

5.タブーとされてきたバイオマス(鶏、牛、豚の糞尿)も魚の餌に
仮に、牛や豚のフン(バイオマス)を投入します(今までは、腐敗の原因になると言って禁じられて来た)。
するとたくさんの魚がやって来て、エサになります。
湖底にヘドロがあると、腐敗の原因になるバイオマスが、酸素をヘドロに入れて、プランクトンに変わると、汚染どころか、魚のえさになってしまうのです。
フンにはPもNも含まれているからです。

6.農産物が豊富なプランクトンを得て豊かに育ちます
パレットを浮かべて水耕栽培を行うと、豊富なプランクトンを得て、有用な農産物が豊かに育ちます。
農業と漁業を支えるリッチな生態系がこうして創造されるため、過疎地が無くなります。
国土の51%を占める過疎地で、若者とシルバーに清潔で豊かな新産業を提供し、町おこし、国おこしが成就するでしょう。

7.遠洋漁業に取って代わる魚の養殖業にも大きな効果
遠洋漁業は、海洋汚染と乱獲で収穫率が下がっているため、救済策は「養殖」です。
しかし問題は、死亡率の高さ、エサが高価、水の腐敗、泥臭い、エネルギーコストが高いなどです。しかしTW養殖では、ヘドロが無いので、天然ものと同じ味で泥臭くなくブランド化され、成長率が速く、死亡率は低く、ヘドロがプランクトンに成っているのでエサ台が安くつき、窒素除去等の水の腐敗対策が要りません。また電気代は水車等に比して約50分の一。約200%の経済効果がもたらされるでしょう。魚やブラックタイガーなど、タイ国等で大成功しています。


【まとめると】
★ 湖沼やダムのアオコと臭気が、一ヶ月強で無くなる (汚染水の純化)
★ エネルギーコストは従来の50分の1
★ 飲料水源が容易に手に入る
★ 大量の魚貝類が獲れる様になる
★ 調和した生態系は、元に戻らない
★ 養殖がローコストになり、美味なブランド物が獲れる
★ 広大な範囲でも浄化できる唯一のテクノロジー



【これまでに失敗している一般的な取り組み】
1.水車を回転させて、酸素を供給しようとする。しかし酸素は直線上にしか入らず、湖底のヘドロは消えない。
2.水を取り出した上で、ヘドロを攫って捨てる。しかし、あっという間に再びヘドロは生じてしまう。
3.奇麗な水を大量に注入して洗い流そうとする。が、温度差があって、層ができてしまっている湖水等は、その表層近くの水しか移動せず、ヘドロに影響がない。
4. アオコの回収。原因はヘドロなので、いくら採っても元の木阿弥である。
5. 生活排水の排出制限。これもヘドロには影響しないため、根本的効果は無い。

1. The sludge and a bad smell of the bottom of the lake , disappears around in one month.

2. Decomposition of water disappears, and the surface of the lake comes to reflect trees around it like a mirror. .

                                                      3. Since the sludge of the lake changes into plankton (pure protein) and serves as the food of fish, small and big fish increases in number rapidly, and the lake will turn into abundant fishing ground in several months to one year.

4.Many birds, fish, finally many anglers come and it becomes a symbol of "revival of an ecosystem.

5.The best point of it is that the recovered ecosystem by Taurus Wing continues semipermanently. It never returns to original state.

6. If the droppings (biomass) of cows or pigs are thrown in(it was said to be a rotten cause and so forbidden until now),much fish come and the excrement becomes wonderful food of them.

7. The biomass which leads to rotten when sludge is on the bottom of the lake, when Taurus Wings put oxygen into the sludge and it changes to plankton, it will be the food of fish, not to mention about contamination.

8. If palettes are floated on the lake and hydroponics is performed there, abundant planktons will be obtained and useful agricultural products will glow up with them richly. Since the rich ecosystem to support agriculture and fishing is created in this way, depopulated districts will disappear in your country.
Taurus Wings will provide old and young men with a clean and rich new industry, and will make accomplish town revitalization also in the depopulated districts which occupy 51% of the country(in Japan case)

9. In deep-sea fishing, since the harvest rate has fallen for sea pollution and overhunting, a relief measure for it is “culture.“
There are problems of the height of mortality rate, very expensive food for the fish, decomposition of water, and unrefined energy cost being high etc. In Taurus Wing culture,
since sludge is lost, fish becomes branded for the same taste as natural ones, their growth rate is very quick, and mortality rate is low, and since the sludge has become plankton, the food cost becomes very low, and the measure against decomposition of water, such as nitrogen elimination, becomes no necessity.
Moreover, the power cost of Taurus Wing is about 1/50. About 200 to 300 % of economic effect will be brought about.


トーラスウィングの作動原理 -The main operations-

トーラスウィング

緩やかに回転するトーラスウィングの三枚の羽根が移動する度に、羽根がその直前までにいた位置の水は失われるため、それを補うために、湖底等から持ち上がる水の流れが、トーラスウィングの中心部に向かって生じ始める。
その持ち上げられた水は、3つのファンによって、中心部から放射状に広がり、やがて外周部に達するが、逃げ場がない表層水は、潜り込んで湖底に達し、周囲から今度は中心部に向かって、這うような穏やかな動きを生み出す。
酸素が溶けているのは、表層付近わずか5cm部分だが、それが上記の動きでヘドロが待ってる湖底を這って酸素を供給する。この様に、大きなエネルギーを全く必要としない、流体力学の盲点をついた技術がトーラスウィングである。

湖底のヘドロは、臭気と共に一ヶ月前後で無くなり、プランクトンに変わる。
すると、小魚が餌として繁殖し、大魚がそれを餌として増えてゆく。やがて多くの鳥がやってきて、最終的に多くの釣り人がやって来て、生態系は完全に復活する。
そして、トーラスウィングを使用する限りは、二度と逆行することがない。養殖場の場合は、ヘドロが無くなるため、魚や貝類が泥臭くなくなる。養殖特有の泥臭さは、ヘドロを食べていたせいである。
したがって、トーラスウィング使用後は、天然物と同じ味のブランド物として、販売も可能になり、経済効果が高い。
プランクトンの大量発生で、餌代も大幅なコストダウンになる。

Logically, there are only two methods to solve it:

1. Make water transparent, let sunrays come into the bottom of the lake etc., and promote photosynthesis.

2. Using Taurus Wings, pour a lot of oxygen into the bottom of the lake etc. easily, and change the sludge into healthy planktons.

Adoption of 1 is impossible in reality.
Making water transparent is leading to no plankton which can be the food of fish.
Since the place in which fish is not present will not be purified, only the method 2 can be useful in reality.

The operating principle and effects of Taurus wing

The water of the position in which the shuttlecocks of Taurus wing were present just before that, is lost whenever the three shuttlecocks rotate gently.
In order to compensate it, the flow of the water lifted from the bottom of the lake etc. begins to arise toward the central part of the Taurus Wing.
By three fans, the lifted water spreads radiatinglly from the central part, and reaches a perimeter part soon. The upper-layer comes down and arrives at the bottom of the lake, and produces a quiet motion which crawls toward the central part shortly from the circumference.
It is only 5 cm portion near the surface of the water in which oxygen has melted.
Torus Wings send oxygen, with the above-mentioned motion, so as to crawl on the sludge of the bottom of the lake.
Thus, the technology which does not need big energy at all and which uses the blind spot of hydrodynamics is the Taurus Wing.
The sludge of the bottom of the lake will disappear before or after one month with a bad smell, and changes to plankton.
Then, small fish eats it and glows and big fish increases in number to take it as food.
Birds having come soon, and many anglers having come eventually, it will be proved that the ecosystem is revitalized completely.
As long as Taurus Wings are used, the environment never returns to the original condition.
In the case of aquafarm, Taurus Wings make the sludge vanish, the fish and shellfish there become no unrefined.
Unrefined taste of a fish peculiar to culture comes from the reason that they were eating sludge.
Therefore, after using Taurus Wing they become very tasty brand and be bought more.
The economic effect of it is very high.
By extensive generating of plankton, food cost also becomes a large cut.

導入実績 -Track record-

日本国内で200ヵ所以上の導入実績!
海外でも中国中心にインドネシア、タイ、サウジアラビア他で
15,000機以上が実用化されています。

日本国内200ヵ所以上。ホテル椿山荘、西武のゴルフ場、浜名湖のウナギ養殖などで活躍しています。海外では、中国中心にインドネシア、タイ、サウジアラビア、マレーシア、ベトナム他で15000機以上が実用化されています。特に、湖沼やダムの浄化、漁場化のみならず、魚介類の養殖に圧倒的な経済効果をもたらしています。スリランカでは、海軍と国家水道局と協力して、湖水の浄化実験が進行中。

【さらなる可能性 世界の救済!】
2025年ごろまでにやってくると言われる世界的水飢饉に際し、今までほとんど使えなかった世界中の湖沼やダムが、飲料水、農業用水、そして大漁場として使えます。
海水の淡水化などよりずっと安価に水供給が可能。
ヘドロと重金属等で汚染されていた水が、トーラスウィングによって、そのヘドロとアオコが消滅し、さらには、重金属は酸化されて(酸素が注入されるため)沈殿し、水中にはプランクトンのみしか残りません。
もし水をタンクにとって数時間置くと、緑色に見えたプランクトンは沈殿しますから、水自体は単純な活性炭を通して飲めるようになります。
(今まであった腐敗したアオコは、水に溶けていて分離できなかったのです)
地震等の天変地変時にも大変有効です。ヒ素や鉛(重金属)等の汚染水にも対処できる可能性があります。

Taurus Wings are used in Japan at 200 or more places. Overseas, 15000 or more sets are put in practical use, mainly in China, in Indonesia, Thailand, Saudi Arabia etc too. In particular, the overwhelming economic effect is brought to culture of fish and shellfishes not to mention purification of lakes or dams, and fishery-izing.

Further possibility Relief of the world!
It is said that the global water shortage will come around by 2025. The purified water by Taurus Wing of lakes or dams can be used as drinkable water, water for agricultural use and large fisheries.
It is much cheaper than desalination of sea water.
The Taurus Wing can get rid of sludge and blue-green algae and heavy metal will be oxidized and precipitated further (since oxygen is poured in), and finally there is plankton remaining underwater.
If the water is placed in a tank for several hours, the plankton which looks green will precipitates and water itself will become drinkable through simple activated carbon.
(The rotten blue-green algae which existed until now were melted and divided into water and never separatable and so the water was never drinkable) It is very effective also in case of emergencies such as an earthquake or natural disasters.
Contaminated water, such as arsenic and a lead (heavy metal), could also be treated.

  • トーラスウィングを導入後、驚異的な速度で腐敗度等の数値が変化したコロンボ(スリランカ)の湖。

  • フィッシングエリア 吉羽園

    埼玉県の釣り堀。トーラスウィングを設置してから、魚の食いつきが大変良くなり、また釣り逃した魚の40%が死んでいたが、今はほとんど生きているとのこと。

従来技術とトーラスウィングの違いは?
  • 従来技術

    人間業に依存した、工学の対症療法的技術の積み重ねによる方式で、広い水域の浄化は無理。
    技術的にも行き詰っている。



    1ヘクタールあたりの経費
    設備6,000 [千円/ha]
    電気代55,000 [円/ha月]
    メンテ20,000 [円/ha月]

    水面の広さに比例して設備費と維持費が膨らみ、10,000m2以上の水域の浄化には向かない。





    ヘドロ化防止は透明度に頼っているが、光合成に負けて透明度は維持できない。ヘドロ化が進む一方で、生態系の破壊と水質の悪化を招いている。









    魚介類や葉物野菜に有害な悪いアオコと悪いCODは除去できない。水面から発散する臭気もなくならない。







    リン・窒素・アオコは、川からの導水で外部に排除して、ヘドロは浚渫で除去する、不毛の手法に頼っている。








    漁業を犠牲にした非生産的手法で、維持費が地域の負担になっている。

    魚介類の減産と品質の低下を招いている。





    経済的にはマイナスの面が多い。広い池を浄化した事例は皆無で、効果が得られないのでほとんど普及されない。


  • トーラスウィング

    大自然の自浄力と法則を活かした、物理学の理論で構築された原理で、広い水域の活性化を可能にした、世界無二の技術として躍進を遂げている。



    水面が広くなるほど有利になる桁違いの省エネ原理で、この原理なくして、広い池・ダム湖・湖沼・入り海の活性化は望めない。
    1ヘクタールあたりの経費
    設備4000 [千円/ha]
    電気代340 [円/ha月]
    メンテ1,400 [円/ha月]
    (出力300Wのバイオファンの場合)





    透明度に頼らないで、水底に生じる流れのローテーション効果で、昼も夜もヘドロに酸素を供給し続けているため、水底は活きてヘドロ化しない。水が透明でなくなると、水底がヘドロ化する。ところがこの技術では、植物プランクトンを殖やして、大自然の自浄力を引き出すことができない。 植物プランクトンを殖やして、光合成で生じた膨大な酸素で水底の活性化を図り、大自然の自浄力を活かすことができる。



    悪いアオコと悪いCODは一月あまりで無くなり、悪臭も完全に消滅する。
    水質の保全は、リン・窒素・バイオマスの流入規制に依存している。 リン・窒素・バイオマスは、当技術でプランクトンに変えることができ、資源に変えて有効利用している流入規制には頼らない。



    リン・窒素・アオコ・ヘドロは、プランクトンに変わって魚介類の餌になり、蛋白に変換されてしまうので、水も自然に浄化されていく。
    地域興し国興しの原理で、全国の池・湖沼・入り海を大漁場に変えて水も浄化する。維持費も負担にならない。養殖業界でも高く評価されている。



    地域興し・国興しの原理で、全国の池・湖沼・入り海を大漁場に変えて水も浄化する。維持費も負担にならない。養殖業界でも高く評価されている。
    泥臭くない良質の魚介類の増産に貢献している。



    現時点で、良質の魚介類を月に3千トン生産し、月に2億円の電気代の節減に貢献している。
    経済効果は多大でアジア全土に普及される勢いを見せている。
    (養殖の場合でも、天然物の味になりブランド化できる)

メーカー、総発売元
会社名 吉田統合研究所
事業内容 無燃料モバイル多目的ゴミ処理リサイクルマシーン、
多目的活性水、電子治療器 他
所在地 〒154-0002 東京都世田谷区下馬5-4-8
電話 03-6450-9989 / 03-3795-8777(F)
E-Mail peacestars-san@kind.ocn.ne.jp
URL http://www.yoshida-togo.jp
吉田統合研究所とは

ウクライナやスリランカを中心に、世界で高い評価を受けているNGOユニバーススター(*)を発祥とし、地球環境や被災地の回復、人々の教育や建康のために、40ヶ国以上の最先端テクノロジーやスキルを統合して、各分野の理想的なモデルを提供し、子どもたちが安心して輝ける未来に貢献することを目的とした、全く新しいタイプの企業です。

※ウクライナ内務大臣、キエフ市長他から勲章を授与されている日本発祥のNGO(非政府団体)

各種スクール情報