bg_sky
main
健康事業
HOME > 健康事業 > 健康事業

健康事業

病気は、体のチューニング、自己回復過程ですが、体と同時に心のチューニングのまたと無いチャンスです。病気にフォーカスせず、より自由な体、軽い心、健全な心身を獲得できるようにする「統合建康」です。
体が健康だと、重さを感じません。心が健康だと、重さ=不安や恐怖を感じません。不安と恐怖から、ほとんどの疾病が育成されます。最高度の心身の健康、すなわち重さを全く感じない状態を、日常とするのが真の建康と言えるでしょう。そんな理想状態をサポートします!

吉田統合研究所の統合健康論

  • 1.疾患ではなく原因にフォーカスする

    対処療法ではなく、原因にソリューションを与えることで、根本解決することができます。

  • 2.過酷な生活の見直し

    現代人に多く見られる病気の根本原因は、過酷なる生き方による自律神経のアンバランスです。偏った人生観を変えてゆきます。→超越スクール(ピーススクール)

  • 3.健康追求から精神のチューニングを

    病気の根本原因は「心」にあるので、精神のチューニングが根本的ソリューションです。体をきっかけにし、心を調和し浄化するチャンスにします。

  • 4. 感情の解放と理想の実現

    精神の調和に不可欠なのが、感情の浄化、トラウマの解消です。いくつかのメソッドで無理なく感情を解放し、その結果、希望や理想の実現も自然に起こってきます。それがまた、自己評価の高さにつながるのです。→超越スクール(ピーススクール)

  • 5.病気治しではなく健康を追求する

    意識をフォーカスしたものが拡大するので、健康にフォーカスします。健康は、生命のまったき自然状態です。今健康でもさらに上級の健康を目指します。

  • 6.心身の「無限の軽さ」を追求する

    体が健康だと、重さを感じません。心が健康だと、重さ=不安や恐怖を感じません。不安と恐怖から、ほとんどの疾病が育成されます。最高度の心身の健康、すなわち重さを全く感じない状態を、日常とするのがタ―ゲットです。→超越スクール(ピーススクール)

  • 7.喜びとミッションの発見

    自己充足、自分を愛する、高く評価する、自己の「神生」を認める事がそのベースになります。その為には、生まれてきた天命の自覚、そして喜びが高まり深まる方向を常に選ぶ生活習慣が必要です。解放と喜びを習慣化します。超越スクール(ピーススクール)

  • 8.地球と人に喜ばれる活動

    自分の事だけを考えていると、必ず暗くなり、有効な活動もできません。環境=自分である事を体感し、自然に「地球が喜ぶ」活動をしてゆくことで、本当の健康が永続します。

  • 9.自分即宇宙の人生観

    病気 ← 自律神経の乱れ ← 鬱系統 ← 力の自覚が無い
    自分の環境は、すべて自分が創っているし、創って行け、すべていつでも創り変えることができる、というシンプルな事実を理解できることが、人生に生気と意味を与え、病気の真因を無くします。理論的理解やワーク、祈り、瞑想などにより「神性」を目覚めさせ、その生き方を身につけてゆきます。→超越スクール(ピーススクール)

  • 10.電子療法

    「細胞膜」が健全に電子を作り出せなくなった状態を病気と言います。その再生は電子療法で可能であり、細胞すべての活性が可能です。→タカダイオン

  • 11.宇宙の叡知アーユルヴェーダと古代の叡知

    現代医学も及ばない精緻かつ体系化された医学を含んだ宇宙の叡智がアーユルヴェーダ等古代の医学に残っており、それを最先端の科学知見と統合して活用します。「酵素」「電子」「体液」のバランスが重要です。→アーユルヴェーダ大学 | →トートルバランスTea

  • 12.ハーブ等自然産物の活用

    アーユルヴェーダ5,000年間に有効性と安全性が確認された優良なハーブ等と処方を、理論に基づいて活用します。

  • 13.米、塩、砂糖など、食と食習慣の改善

    利益偏重のプロダクションにより、エネルギー価の低いまたは有害な製品が多い中、自然食を中心としたナチュラルな食生活と知識、優良無害品のチョイスと、生産者教育による生産促進を同時にはかります。

  • 14.活性化された水

    エネルギーを運ぶ「水」を活性化すると、腐らない、転写して広がる性質などを帯びます。そんな水で作った農産物、料理を食し、また飲料することで、血液等の体液を浄化し、活性酸素を全身から減らし、癌化を防ぐことができます。→マイクロ振動水(MSC) | →絶好腸

  • 15.腸内細菌など微生物との協力

    免疫の最重要パートは、腸内環境が担っています。腸内細菌を善玉化するハーブ、食品、菌を補給して、ホルモンを活性化し、インシュリンや性ホルモン、成長ホルモン、セロトニンなどを増やし、免疫を高めることができます。

  • 16.「体という場」

    のエネルギーを上げる活性水、電子、波動などを与えることで、「体という場」のエネルギーを高めると、腸内細菌も善玉化します。がん細胞も正常細胞にもどる可能性があります。

  • 17.炭素とケイ素の活用 炭の活用

    各元素に多大な影響を与える地球の基本元素、ケイ素と炭素のコンビネーションにより、様々なマジックが起こります。100%炭素を生ゴミから造り出す技術も用い、酵素や有効微生物を活性化する炭の効用も追求します。

  • 18.バイブレーション技術の活用 

    健全な心身のもつ周波数を放射し、バランスを崩した部位の改善が可能ですが、さらに精神をチューニングすることで、根本原因の治療も可能になります。→超越スクール(ピーススクール)
    → エターナルヒーリングセンター

タカダイオン

  • タカダイオン

    高田式免疫反応で著名な高田蒔博士が開発。
    186900000000個の電子(マイナスイオン)を供給した結果、マッサージ師や美容師泣かせののタカダイオン。

    »詳しく見る

マイクロ振動水

  • マイクロ振動水

    内外で奇跡の水といわれるマイクロ振動水を造り出すミラクル・クリエーション・システム(MCS)に使用される桜島の火山灰からは、かつてオゾン層がなく太陽からの育成光線(テラヘルツ波はその一つ)が直にチャージされた太古のエネルギーが放射され、水に徹底的な変容を起こします。
    マイクロ振動水による理解を超えたイフェクトは、あなたの環境を完全に変えるでしょう!

    »詳しく見る

オーラガード

  • オーラガード

    目に見えないものが怖いですか?
    目に見えない物の存在を信じますか?
    ここに、チェルノブイリ原発事故後に、ウクライナで開発されたディバイス(機器)があります。
    このオーラガードは、放射線や電磁波から発する有害地場が人体に届く時、その有害な性質からガードします。メンソレ―タム程の大きさのそれを所持すると、半径1.5m周辺にバリア(結界)を築き、遮断するのです。

    »詳しく見る

  • タカダイオンを導入

    農薬による腎臓病でもっとも被災しているアヌラッダプラのコディアベッダウェーワ村に電子治療器タカダイオンを導入し、同時に、移動型のアーユルヴェーダ治療機関をケラニア・アーユルヴェーダ大学教授チャンドラシリ氏らと始めることになりました。

    この他、ネパールの寒村やチェルノブイリにも導入されています。

吉田統合研究所とは

ウクライナやスリランカを中心に、世界で高い評価を受けているNGOユニバーススター(*)を発祥とし、地球環境や被災地の回復、人々の教育や建康のために、40ヶ国以上の最先端テクノロジーやスキルを統合して、各分野の理想的なモデルを提供し、子どもたちが安心して輝ける未来に貢献することを目的とした、全く新しいタイプの企業です。

※ウクライナ内務大臣、キエフ市長他から勲章を授与されている日本発祥のNGO(非政府団体)

各種スクール情報