海外平和活動や社会貢献活動のご紹介。

社会環境への取り組み

惑星憲章

宇宙の仲間入りをすべく、人類一人ひとりが意識を目覚めさせ、
無限の夢と大調和の世界を作る

1. すべての生命の尊厳を尊び、“心の豊かさ”を重視する、精神と物質が  調和した世界へ向かう。

2. 自他の心を解放し、自由にさせ、広く深い喜びの方向へ向かう。

3. 全ての違いの尊重を基板にした「調和」と「平和」を最重要とする。

4. いかなる人も、年齢に関係なく”子供”であり、無限の可能性を信じ、勇気を持って未知に冒険する。

5. ”一つの生命”たる”母なる地球”への感謝を基本に、”地球に喜ばれる活動”を行う。

6. 無限なる大いなるものに敬虔であり、常に心を沈め、二元対立を超える。

7. 自他一体の大きな生命観から、自由な心で、地球と宇宙に貢献する。

2018年までの海外平和活動

世界地図

チェコ、スロバキア、ハンガリー、モルジブ、ウクライナ、スリランカ、ネパール、ロシア、 アメリカ、インドネシア、シンガポール、トルコ、スペイン、インド、韓国、ペルー、イスラエル、ヨルダン、ドバイ、アブダビ、マルタ、イタリア、イングラ ンド、アイルランド、スコットランド、ベルギ―、オランダ、デンマーク、アイスランド、ドイツ、フランス、オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、カ ンボジア、エジプト、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ナイジェリア、フィリピン、スイス、タイ、ニュージーランド、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ、バチカン

ギャラリー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

クライナでの統合的環境・
社会貢献活動

ここはウクライナでの活動のみです。

★皆様の貢献の結果頂いたウクライナからの勲章です。
左がキエフ市長オメルチェンコ氏、右が内務大臣スミルノフ氏からのものです。

ウクライナからの勲章

2016~2018年

●チェルノブイリ被災者、慢性病患者に医療支援。タカダイオン電子治療器を寄付。トートルバランスティーは、糖尿病対策に。

●イワノフランキフスク市のゴミ処理支援活動を開始。

2015年

●クリミア半島に110ヶ国から5000人の子どもたちを集め、世界すべての国の平和を祈る式典をリード。
https://www.youtube.com/watch?v=uK79p6bfl5U&feature=youtu.be

●チェルノブイリ租界地ボヤルカ市で、追悼並びに、世界平和を造るセレモニーを、少年軍人達と、NGOユニバーススター主宰で開催した情報が、ウクライナから入手されました。ご覧ください!
http://www.universestar.net/meaning/pg186.html

2014年.2013年

●ウクライナとNGOユニバーススターの未来創造活動
https://www.youtube.com/watch?v=07aA-8-FHqA

2014年4月
●ユニバーススターとウクライナ子供兵士たちが行った世界平和式典がyoutbeにアップ!
https://www.youtube.com/watch?v=KkG4qgN6SBc

2014年4月
●ユニバーススターとウクライナ大統領府軍が行った世界平和を祈る式典が、youtube にアップ!
https://www.youtube.com/watch?v=Cb6p1j1e06M ダイジェスト版(4分)
https://www.youtube.com/watch?v=OG-Gr9-SOI4 フルヴァージョン(6.5分)

2013年1月
●有害科学物質の処理機の啓蒙活動を開始しました。

2012年11月
●放射能の真の問題である「左ひねりの磁場」を遮断するウクライナのテクノロジー、オーラガード(ウクライナ大学のA.パブレンコ博士の発明)を再び空輸し、日本国内に提供しました。

2011年.2010年

2011年11月
●ウクライナのクリミア自治共和国サンディプール社の、窒素ナノ化によるゴミ処理テクノロジーを、日本技術で支援する活動を始めました。
同社の中心活動は、モンテネグロです。

●国営企業ウクルオボロンサービス関連企業の、集約農業プロジェクトを支援するため、日本技術のヘリコプター導入準備を開始。

●放射能の防御服を焼却した灰(放射能が凝縮される)を激減させるテクノロジーの導入を開始。

●非常事態省に、放射能ガレキを大幅に減容するテクノロジーを導入する働きを始めました。

ランティア・社会貢献活動

2018年 ゴミ問題の解決

モンゴル政府与党組織委員長、ウランバートルのゴミ処理責任者と会談。モンゴル科学アカデミーと共同動研究を要請される。

建物

2017年 タイヤ処理の解決

カタールのプリンスと会談。砂漠に山積みのタイヤ処理について弊社技術の導入を希望。

サウジアラビアの皇族から、サウジ等3カ国の水処理問題に、協力を要請された。

2016~2018年 平和交流

ニュージーランド、ポルトガル、ミャンマー、カタール、モンゴル、ドイツ、スリランカetc.

政府機関、数十の教会、平和施設で、政治家や庶民と交流し、平和と意識改革をサポートしました。

カタールのプリンス、サウジの皇族と

2014、2015年 平和交流

スリランカ、ニュージーランド、アイルランド、アイスランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ
数十の教会、平和施設、政府機関で、政治家や庶民と交流し、平和と意識改革をサポートしました。

橋

2013年1月 ピースドールの奉納

オランダとベルギーで、約20の教会を訪れ、ピースドールその他を奉納しました。

ピースドールの奉納

2013年 交流活動

❤以下のスリランカ人に日本人から寄せられたピースメッセージとピースドールが手渡されました。

スリランカ大統領ラジャパクシャ、農業大臣、チーフ地域大臣、両省の首席顧問、両省の高官方、政策秘書、水道局技術部長、貿易投資振興局長、アジア教育センター長、国際空港職員方、コロンボ市民、アヌラッダプラ市民、仏舎利塔、菩提樹寺の人たち。

交流活動

2014年8月 スリランカの健康増進活動

電子治療器タカダイオンを、新設のアーユルヴェーダ医療施設に導入する相談で、アーユルヴェーダ大臣から招聘されました。
10名弱の方々から,タカダイオン治療器導入のご寄付を頂きました。ここに、心より感謝申しあげます!
糖尿等の救済策となりうるスリランカの宝,コタラヒムの日本導入の会談も、アーユルヴェーダ大臣と行いました。

スリランカの健康増進活動

第8回「解放統合超越」スクール

「自由解放超越」スクール
スリランカ、ニュージーランド、アイルランド、アイスランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ
3年間で30数回の「超越スクール」を開催しました。
意識改革をテーマに、新しい時代のリーダーたりうる意識、見識と自由性をサポートしています。
毎週第一土曜日(要確認)13:30~
要予約→ 03-6450-9989

第8回「解放統合超越」スクール

2011年11月 ピースメッセージ

アフリカに対し、その平和を祈る現地語で書かれたピースメッセ―ジ、3600枚が、日本各地の心ある方々からNGOに寄せられた。

ただし11月5日の出発前後に大規模なテロがおこり、訪問は延期に。

タワー

2011年9月 ペルーへピースドールを贈呈

●ペルーの庶民へピースドールを贈呈: 大統領官邸を警護する女性軍人、男性軍人、リママラソン参加者たち、リマ、ナスカ、プーノ、クスコ、ウルバンバ etc.のインディアナ(原住民)やヨーロッパ系、日系ペルー人etc.へ。

ピースドール提供者は、亀山、照井、野上さん。

ピースドール

去のウクライナでの平和、
環境活動

日時 活動内容
1991年 ○主席顧問・ティムチェンコ氏を通してクラフチューク大統領に平和メッセージを渡す。
ウクライナでピースセレモニーを始める。
1991~2000年 ○ピースポール、平和の記念塔をチェルノブイリに建てる。
○ペチュルスカヤ・ラーブラ、結婚式場、エネルゴダールやウクライナの多くの学校でピースセレモニーを開催。
1993&1995年 ○ウクライナの子どもたちと先生方を“チェルノブイリに降りた天使たち”として日本に招聘。
そして広島、千葉と東京で7回コンサートを、ウクライナ大使館の協力を得て開催。
それらはNHKやその他の局で、10回放送される。
1995年 ○“Peace Stars”というドキュメンタリー映画を、日本とウクライナの協働でつくる。
特にウクライナ大使館の援助を得た。
それをウクライナ 、オーストラリア、クロアチアと日本で世界平和のために公開。
2003年3月 ○チェルノブイリ支援のため、ウクライナ医療アカデミーのピーター・フォーミン医師(大統領主治医)他を招聘し、東京大学医学部のご厚意で研修。
2003年4月

○No.91スクールとキエフのジャズ・アートスクールをピーススクールとして認定。
2つの学校でセレモニーを開催。
国営放送UK-1で放送される。

○内務大臣スミルノフ氏より受勲。

○英雄・ジシャーチニコフ氏(チェルノブイリ浄化に携わった前内務省・消防庁長官 によりチェルノブイリ・リクイデーター(浄化する者)の勲章を受ける。
○チェルノブイリとジトミール地域のナロージチ訪問。
約800万円の医療援助を行う

2003年10月

○キエフNo.211スクール(UNESCO提携スクール)を、ピーススクールに認定。
ピースセレモニー開催。TVで放映される。

○イワノ-フランキフスクNo.1スクールをピーススクールに認定。
ピースポール贈呈。血圧測定器寄贈。ピースセレモニー開催。

○トルスカベッツNo.1スクールを、ピーススクールとして認定。
ピースポール贈呈。血圧測定器寄贈。

2004年 ○イワノ-フランキフスクNo.1スクールの先生と子どもたちを招聘。
宮崎市長や宮崎の小学校生徒と交流。
2004年3月

○ピース・アート・フェスティバルを東京で4回開催。
ウクライナから35人のアーチストを招聘。

45人の日本とスリランカのアーチストも加わる。
チェルノブイリ支援のチャリティー。

2005年6月

○キエフ市長オメルチェンコ氏とポルタバ市長に、ピースポール贈呈。

○キエフ市長オメルチェンコ氏より勲章を授与される。
これらの模様は、12月31日に その年最大イベントの一つとして、ウクライナ政府からTVで報告される。

○ユーシチェンコ大統領軍兵士、ウクライナのピーススクールと共にピースセレモニー を開催。

2006年2月

○緊急事態省と国防省高官と会談。
ロケット燃料、弾薬、チェルノブイリ放射能汚染を解決するため、日本の最新技術「ミハエル」を紹介。

国営企業がユニバーススターと仮契約を交わす。

2006年5月

①ウクライナの歴史上初めて、民間団体と共に、大統領府軍が、平和パレード、ピースセレモニーを行った。
ユニバーススター代表・吉田一敏とウクライナ支部長リディア・コルジュークのリードで、大統領府軍は、世界平和のために祈り、行進した。
同部隊は、世界平和を創るNGOユニバーススターの、団体メンバーに認定され、ユニバーススターと吉田代表は、プラフタ司令官から、表彰された。

②ウクライナで最も権威が高い、軍の学校“キエフリツェイ”が、平和の学校“ピーススクール”になり、内部に “ピースセンター”が出来た。
学長は、クラフチューク将軍で、ここで学んだ平和教育を、教師たちが、世界中 に伝えにいく方針。
軍関係では世界初のこと!

③ウクライナ最大の大学“ウクライナ大学”が、ピースユ二バーシティに認定された。
国内17の支部すべてで、 チェルノブイリの後遺症を含む身体障害者を、15%ずつ教育するが、全部で43000人の学生がおり、協労契約を、NGOユニバーススターと交わした。

④ウクライナ最大の外科医ピーター・フォーミン医師と、内視鏡の最高権威ミコラ医師が、NGOユニバーススターの顧問に入った。

⑤非常事態省《チェルノブイリ省》のバローガ大臣に、医療機器2機を贈呈。バローガ大臣は、NGOユニバーススターを表彰。

⑥ウクライナ国防省の国営企業と、ミランジ(ミサイル・ロケット燃料)を処理する日本の最新技術導入で、契約を交わした。
2年後に 確実に染み出してくるミランジ16500トンによって、このままでは、確実にチェルノブイリの二の舞がおこることを、国民すら知らされていない。
この革命的技術で、ミランジは確実に処理でき、さらにCO2の回収が進み、安いエネルギーが作り出される。

2009年4月

現地では、歴史上最大の出来事。ウクライナ共和国のチェルノブイリ23周忌式典を、首都キエフのスビャトーシン区のボヤルカ市で、同地自治体らと共催。
この地の人々に“新しい世代の軍人は、銃を大地において、世界平和に立ち上がる!”というビジョンが受け入れられ、12才の少年兵士たちが、その純粋さと規律の美をもって、190カ国の旗を揚げつつ世界平和を祈った。
数1000人の参加者の中には、チェルノブイリ被災者が多く含まれていたが、全員が最後の一カ国まで、一心に祈りを捧げた稀なる式典だった。
ボヤルカ市議会新聞

参加者の感想:
ハイブデミール・リュドストゥブ~(世界人類が平和でありますように)を何度も聞くうちに、平和がいかに大切なことなのか、心の底から感じられた。
生涯で初めてのことだった。(バヨルカ市長)
式典中に鳥肌が立った。初めての体験だった。(新聞記者)
一年がかりで準備された同セレモニー前日のリハーサルでは、少年軍人らの余りの誠実さと純粋さに、スタッフは鳥肌が立ったという。
終了後、少年兵士たち2名がやって来て、こう言った。
「この運動をする会に入りたいのですが、どうしたら良いですか?」

2009年4月

上記セレモニー終了後、環境副大臣etc.約30名の前で、日本最新の2テクノロジーを紹介。

1、チェルノブイリの放射能やPCB等を始めて処理できる磁性分解装置。
2、エネルギー問題に悩むウクライナに適した“新型蓄電テクノロジー”。
翌日、ハイテク専門の国営企業「ウクルネオテクノロジーズ」社長らと会談し、協力関係を結ぶ。 10月再訪予定。

2009年8月 ピースメッセージ、ピースドールを、ウイーンフィルハーモニー管弦楽団ほかドイツ、オーストリアの軍人を含めた庶民に手渡す。
2009年9月 来年7月のクリミア・ピースフェスティバルの協力要請のため、ウクライナ正教会総主教(法皇)フィラレットに謁見。
全面的な協力を約され、後日早速打ち合わせに入った。
2009年10月

○クリミア自治共和国の首相や政府高官と、議事堂にて会談。
ゴミ、エネルギー関係で協力を強く要請された。
内容は、自成分会装置、LED,EVの導入。

○クリミア、ウクライナ、ロシアから30数社の社長たちが、NGOユニバーススターの最新テクノロジー説明に集った。
当日夜、ゴミ処理機の契約が行われた。

○国営企業アカ&カヤエネルギー社長ピュートル氏とグルコフ博士と共に、ウクライナ科学アカデミー総裁バカイ博士etc. と会談。
バッテリーやゴミ処理技術で、共同プロジェクトを図ることを約束。

○国営インターナショナルスクール“アルテック”副総裁etc.と会談。
来年のピースフェスティバルの共同主催を約束する。

2010年4月 ○国営企業アカ&カヤエネルギー社長ピュートル氏とキプロスのサンデプール社社長デンコヴィッチ氏を招聘。
磁性分解装置を3機、クリミアに導入した。
その内一機は、モンテネグロに移動。
2010年7~8月

○国営インターナショナルスクール“アルテック”に、日本からも6名の生徒たちが参加。
最終日etc.にピースセレモニーをNGOユニバーススターの吉田とリディアが指揮。
100カ国以上から集まった約5,000名の子供たちが、各国を代表して旗を掲げ、終了時には、全体が歓喜に包まれた。

○ピースポールは、“子供国連”代表に、NGOから手渡された。
ピースメッセージは、クチマ元大統領に手渡された。

○サンクトペテルスブルグに建つピラミッドを視察した。ロシア最高会議議長ウバロフ氏の招請。

もっと知りたい方は定期開催中の「ポジカレ」で!

ポジティブになれるカレーパーティーで
華麗なるカレー(スリランカ製)を食べながら、
無料体験!

ポジティブになれるカレーパーティ!
ポジティブになれるカレーパーティー!